商品紹介

販売商品一覧

DEFENDER-X

DEFENDER-X

複数人の中から不審者を事前に検知する、次世代のセキュリティシステム。

>>詳細

メンタルチェッカー

メンタルチェッカー

対象者の精神状態を自動判定し、10種の感情状態に分けて表示します。

>>詳細

DEFENDER-X

DEFENDER-X

参考動画

DEFENDER-Xナレーション入りデモ映像

【参考資料】マイケル・ルービンスタイン 見えない動きを見、聞こえない音を聞く。

※マイケルルービンスタイン氏の発表はDEFENDER-Xやメンタルチェッカー、バイブライメージとは関係ございません。

マイケルルービンスタイン氏の発表している映像の処理技術(ビデオのピクセル毎の光の時間的な変化を分析・見える化する)がDEFENDER-Xとメンタルチェッカーで使用しているバイブライメージ技術とほぼ同様であり、見える化の手法が異なるだけの為、参考動画としてご紹介させて頂いております。

■DEFENDER-Xとは

カメラ画像から自動解析し、不審者を事前検知はもとより記録画像からの事後解析も可能にしたシステムです。

解析

■DEFENDER-Xの特徴

DEFENDER-Xは人の精神状態(感情)を自動解析し、犯罪の可能性がある人物などを事前検知します

既存の防犯システムへの付加も容易で、用途に合わせた様々な活用が可能です。新たな技術で安心・安全な社会作りに貢献します。

  • 不審者を入場時点で事前に検知し尾行及び救援要請することにより犯罪を未然防止(従来の監視カメラシステムでは犯罪行為の記録しか残らない)
  • 照合データベースは不要、不特定多数から不審者を事前検知(犯罪者データベース「顔認証・パターン認証」照合方式はデータ外検知は不可)
  • リアルタイム監視映像はもちろん、過去の録画映像からも不審者の検知(犯罪者の特定と事件の早期解決及び抑止力に寄与)
  • 既存の監視カメラシステムへの付加が容易で既存のシステムに影響を与えない(既存システムの活用が可能のため省コスト導入が可能)
  • 導入用途も多彩。外部及び内部の犯罪防止の強化はもとより、薬物による被害防止犯罪が減少することで犯罪者に対しての早期解決及び抑止力効果が得られる

■DEFENDER-Xの構成及び表示例

【構成例】

構成例

【表示例】

表示例

群衆の中で犯罪を犯す潜在的可能性の高い人物を事前に検知します。

不審者の行動追跡や尾行により犯罪を未然に解決し、抑止力の効果が向上します。

監視カメラ映像はもとより、過去の録画映像からの解析が可能です。次世代の防犯セキュリティソフト「DEFENDER-X」が革命を起こします。

■DEFENDER-Xの原理

DEFENDER-Xの原理

※①,②,③の情報を基に解析し不審者の検知を行っております。

■世界の導入例

日本国内:各大手協力店(電機メーカー、商社、警備会社等、約50社)に出荷

  • 伊勢志摩サミット
  • ラグビーワールドカップの天覧試合
  • 横浜大さん橋内のイミグレーション
  • 大手金融機関
  • 病院
  • ショッピングモール
  • 老人ホーム
  • 大手家電量販店
  • デパート
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • 警視庁関連
  • 警察庁関連
  • 国交省関連
  • 財務省関連
  • 文化庁関連
  • 法務省関連
  • 鉄道関連
  • 空港
  • バス及びタクシー会社
  • 運送会社
  • 食品工場
  • 大手保険会社
  • 自動車関連
  • 精密機器関連
  • 港湾施設
  • 遊技場
  • 物販店舗
  • テーマパーク
  • 学校
  • 大手ゼネコン
  • 電力会社
  • その他

海外:約19か国で稼働中

  • ロシア(空港、政府機関、デパート等)
  • フィリピン(ホテル、カジノ)
  • 韓国(空港)
  • ドイツ(空港)
  • イスラエル(空港)
  • カナダ(空港)
  • チェコ(空港)
  • アメリカ(警察)
  • スウェーデン
  • イタリア
  • 中国
  • インド
  • オーストラリア
  • ベトナム
  • スイス
  • エジプト
  • ブラジル
  • インドネシア

導入予定:

  • 2018年 平昌オリンピック(韓国)
  • 2018年 FIFAワールドカップ(ロシア)
  • 2020年 東京オリンピック(日本)

メンタルチェッカー

■メンタルチェッカーとは

1分間の映像を撮影することにより、被写体の精神状態を分析することができます。

従業員の健康チェックに有効な製品です。

メンタルチェッカー

■メンタルチェッカーの特徴

  • 僅か1分間の測定により精神状態の自己判断が可能(問診やチェックリスト等への記入の必要はなし)
  • 非接触型の測定システム(カメラが見えない形でも測定が可能)
  • 周期測定により精神状態の変化の比較分析が可能
  • 医療機関との共同開発により病状の予測が可能
  • 用途はパイロット・運転手はもとより企業・学校等その他あらゆる健康チェックに有効

■システム構成

システム構成

■測定方法


測定結果サンプル